TOBとは

投資

TOB【take-over bid】とは株式公開買付けのことです。

ある株式会社の株式買付けを、

「買付け期間・買取り株数・価格」を広告し、

株主から株式を買い集めることです。

TOB

TOBをする事で、買付け側はその株式会社を子会社化する事が可能になります。

保有割合が3分の1を超える場合は公開買付けが義務付けられています。

メリット【株主側】

買付側はプレミアを付けて料金を提示してくるので、その値段までは跳ね上がりやすい。

相場は、株価に30%の上乗せ。

デメリット【株主側】

保有していた株式会社はよほどのことではない限り、

上場廃止がありえます。良いところで売却しましょう。

【まとめ】

TOBが発表され、

当日にトレードが決まれば良いですが、

2日目以降は、

余程ではない限りプレミアの値段【旨味】はないと思われます

TOBは頻繁にやる事ではありませんので、しっかり見極めが重要です。

他の投稿はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました