EPS とは

投資

EPS【Earnings Per Share】とは

EPSは1株当たり利益です。

 

財務分析で企業の成長性を分析するの指標の一つであり、

1株に対して当期純利益がいくらあるのかを表す指標です。

 

「1株利益」「1株あたり当期純利益」と呼ばれることもあります。

EPSの計算方法

EPS(円) = 当期純利益 ÷ 発行済株式総数

会社が1年間にあげた利益を

発行済株式総数で割って求めます。


*例えば当期純利益が1000万円

発行されている株の総数が5万株だとすると

 

200円1000万円÷5万株となります。

1株あたりの大きさを表しているため、

値が大きいほど良いとされます。

EPS【1株当たり利益】

株主が持つ1株について

一会計期間における会社の成果を示しており、

 

その会社の収益性を分析できる指標です。

1株当たり利益を以前と比較することで、

 

会社の収益性や成長度を把握できます。

EPSを他社と比較することで、

 

どちらの会社が収益が多いかを判断する材料にもなります。

EPS【1株当たり利益】の注意点

高ければ高いほど良いとされるEPS,

上昇する際に確認するところは、

 

自社株買いがないか、

発行株式総数の減少がないか確認しておきましょう。

 

EPSの数値が上がっていても

業績が上がったと判断することはできません。

 

また、逆に発行株式総数が増えるとEPSが下がりますので、

材料等の確認は怠らわないようにしましょう。

 

基本情報で
発行済株式数を確認  55,127,008枚

決算で最終益を確認  764,000,000円

計算式に当てはめると

EPS13.85円 = 発行済株式数764,000,000円 ÷ 最終益 55,127,008枚

EPS【1株当たり利益】= 13.85円 となります。

また、一目で確認したい方は

決算にて修正1株益で確認できます。

他にもこれから投稿していこうと思います。

何か不明点・気づき・気になった事がありましたら、
気軽に相談ください。

今回参考にした資料↓

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方 [ 渡部 清二 ]

合わせて読みたい記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました