【一発理解】DeFiを初心者にも分かりやすく徹底解説!!DeFi(ディファイ) =分散型金融

仮想通貨

K
K

仮想通貨の基礎知識を勉強していくよ

今回はDeFiについて調べていこうか。

Y
Y

仮想通貨って聞いたことある!本当の名前は暗号資産だっけ?

DeFiってインフルエンサーの人はみんな言ってるよね。

調べたことあるけど言葉が多すぎて分かんなくなって諦めちゃった。

K
K

仮想通貨は暗号資産へ名前が変更になったのよく知ってたね。

そうだね。一番初めにつまづくのは言葉の意味と、使い方なんだよね。

分かりやすく簡単な説明と、言葉の使い方を説明していくから

一緒に勉強していこう。

KY
KY

暗号資産の本質を学んで、しっかり運用できれば、

資産も増加して楽しい旅行にいけるかも。。。

以前の暗号資産関連の記事はこちら

初心者に分かりやすく解説!誰でもわかるブロックチェーン基礎知識

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

DeFi(Decentralized Finance) =分散型金融とは

Defi分散型金融と日本語に変換できます。

De→Decentralized=分散型

Fi→Finance=金融

K
K

簡単に説明すると、中央管理者のいない

金融仲介アプリケーションのことだね。

Y
Y

え?DeFiってアプリケーションなの?
金融仲介ってどういうこと?

K
K

まず、アプリも気になるけど

順を追って説明するね。

これまで、お金を預けたり投資をするには、

銀行や証券会社等へ仲介を行ってもらってました。

その度に、手数料が掛かり、

加入者側が支払うのが当たり前でした。

それは提供側目線でもごく当たり前ですね。

儲けがありませんから。

しかし、DeFiには仲介者が存在しません。

様々な取引はすべてプログラミング上の

ブロックチェーンに記録されています。

誰が管理しているのかと言いますと、

ユーザー(あなた)になります。

ユーザー同士、お互いが管理し合える仕組みを

作り上げたことが画期的で、

新しく、素晴らしいシステムなのです。

DeFiプログラミング上でユーザー(あなた)が取引してきた資産運用をブロックチェーンで管理できる素晴らしいシステム。

といえます。

仲介業者のいないDeFiは

高額な送金手数料時差言語の壁人件費通貨の壁も乗り越えてしまいます。

高度なプログラミング構築したからこそ

アプリケーションとして

使うことができるのがDeFiの特徴でもあります。

現状、外国の金融機関であれば口座を開設することは可能です。

しかし多くの人は、基本的に

日本の金融機関(楽天証券・DMM証券等)で口座開設し、

日本円を通貨(ドルまたはユーロ等)に

変換し、金融商品を購入しています。

アプリケーションとして使用できるDeFiでは、

仮想通貨を保管するウォレットさえあれば、

世界中どこにいてもDeFiアプリケーションを利用できます。

場所を問わない世界

DeFiプログラミング上でユーザー(あなた)が取引してきた資産運用をブロックチェーンで管理できる素晴らしいアプリケーションシステム

Y
Y

なるほど!DeFiは画期的なシステムで、

手間が少なく自分で管理を行えることが画期的なんだね。

確かに証券会社でいちいちドル変換するの面倒だし、

いちいち手数料かかるの無駄だと思ってたんだ。

K
K

手間を無くす意味で言えば最高だよね。

実は結構な手数料はかかる可能性があるんだ。

他にも注意点も少しあるからしっかり覚えといて。

DeFiの問題点

現在すごく注目されている暗号資産。

毎日、毎時、毎秒、どこかで取引されているDeFiアプリケーション。

そのため、利用される状態が続くことで、処理速度が追い付かなくなる。

そして、時間的・金銭的コストが高くなる。
そのことをスケラービリティという。

イメージでいうと、
自動販売機でコインを入れて商品を買いたい人が行列を作っている。

そして商品を取り出すためのあけるドアが狭い。

また、新商品も続々入荷している。様々な処理ができない。

解決するために通行料を高くしても、まだまだ捌け切るめどが立たない。

まだ、オーバーヒートして自動販売機が熱くなっているみたいなイメージ。

イーサリアムは現在このスケラービリティ問題に直面しているのです。

DeFiアプリケーションの種類と使い方

K
K

暗号資産は今後さらに普及していく分野で、

その中にDeFiアプリケーションが存在しているってこと。

更に、他にもDeFiアプリケーションがあるんだ。

DeFiアプリケーションとは、

イーサリアムのブロックチェーン上で

動くプログラムであり、相互に連携させることが可能です。
現在は、数多くのDeFiアプリケーションが実装しています。

DeFiの多くはイーサリアム

ブロックチェーン上に構築されています。

なぜビットコインではなくイーサリアムなのか?

イーサリアムではあらかじめプログラムで

設定しておくことで条件を満たす場合に

自動で契約が執行される仕組みの

スマートコントラクト機能を実行できるから。

『とある条件を満たされたら特定のユーザーに送金する。』みたいに、あらゆるお金や物、暗号資産の移動に必要な段取りを自動で行ってくれるプログラミング。ルールによって管理されることで他のアプリとも接続が可能になり、一緒になって複雑な金融サービスを作り出すこともできる。

⓵DEX  (分散型取引所)

DeFiアプリケーションの一つであるDEX(デックス)は

D→Decentralized=分散型

EX→exchange=取引所

ユーザー同士が直接的に暗号資産を取引可能。

スピーディーに、コストを抑えることも可能。

スマートコントラクトによって

保証されているので信頼が高い。

DEXはこれまで取り扱いが少なかった。

しかしPoolという仕組みの採用により、

トークンが生まれたことで流れが変わった。

トークンイメージ画像

代表的なDEX

Uniswap 最初に流動性マイニングを導入したことで有名 (イーサリアムがメイン)

Sushiswap Uniswapの人気に続いた (イーサリアムがメイン)

Pancakeswap イーサリアムではなく、バイナンスで動作する (バイナンスがメイン)

②Lending 貸付

DeFiアプリケーションのであるLendingは
暗号資産を貸し借りができること。

それは貸し手にも、借り手にもメリットは大きい。

貸し手のメリット

自分の資産を貸し、利息を受け取ることができるから、不労所得を得られることになる。

借り手のメリット

個人情報がなくても、暗号資産を担保に資金調達できる。

まとめ

Defi分散型金融といいます。

DeFiプログラミング上でユーザー(あなた)が取引してきた資産運用をブロックチェーンで管理できる素晴らしいアプリケーションシステム

DeFi高額な送金手数料、時差、言語の壁、人件費、通貨の壁も乗り越えてしまいます。

DeFiはまだ世界中のみんなが

知っている技術ではない。

しかし、将来的には間違いなく

知っている人が増え、

利用する人も増加する見込みと確信が持てる。

問題点としてスケーラビリティ問題など、

これから改善または

アップデートを行う必要があります。

今後イーサリアムは2.0から

アップデートする予定もありますので、

しっかり今後の流れに乗るためにも勉強していきたいものです。

DeFiムーブメントは始まったばかりであり、今後も目が離せない。

今後も暗号資産に関する知識やノウハウ、

実際にトレードしていき紹介することとしています。

まずは口座開設!

私が現在使用している暗号資産の口座はコインチェックです。
下記リンクから口座開設をすると500円をゲットできちゃいます。
まだ口座をもっていない方はサクッと作って波に乗り遅れないようにしましょう。

STEP 01
このリンクから会員登録※
STEP 02
あなたが本人確認を完了すると、500円がプレゼントされます!

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

※この招待リンク以外から会員登録した場合には、500円プレゼントは無効となります。

まずは口座開設からSTARTしましょう!

#shikiho #sq #メジャーSQ 10倍株 1000円 2022 btc DeFi ECナビ EPS ETH NFT sorare SQ お年玉 お得 みんなの銀行 アメリカ イーサリアム ウォッチリスト キャンペーン ゲーム スクリーニング ハピタス ビットコイン ブロックチェーン ポイントサイト モッピー リーダー 仮想通貨 初心者 宇宙兄弟 完璧 完璧なリーダー 投資 日本 暗号資産 楽天モバイル 比較 決算 生活 資産 資産運用 銀行 陸マイラー

コメント

  1. […] 【一発理解】DeFiを初心者にも分かりやすく徹底解説!! […]

タイトルとURLをコピーしました