【投資初心者必見】10倍株(テンバガー)の探し方ポイントは4つ

投資

四季報の達人」が教える10倍株探しの4条件 - ライブドアニュース

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方 [ 渡部 清二 ]

今回は【会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方】を読み、

日頃企業分析する際に実際に気にしている4つの点を解説したいと思います。

ズバリ!!

  1. 4年で売り上げが2倍になっているか?
  2. 営業利益率が10%以上になっているか?
  3. オーナー経営であるか?
  4. 上場5年以内であるか?
  5. おススメ

 

全てを見極めるのは難しいので、少しづつでも身につける。

また、気にするだけで見方がガラッと変わりますので、

 

ぜひ最後まで確認し、参考にしてみてください。

4年で売り上げが2倍になっているか?

10倍株を探すうえで必要なのは

企業が急成長しているかどうかです。

 

そこで確認するための方法は

 

1年で20%の増収率があるかどうか。

更に突き止めると

 

4年で売り上げが2倍になっているかどうかとなります。

まず、増収率は四季報に乗っていませんが

株探等で確認できます。

 

増収率 計算方法

増収率%=(今期売り上げ予想÷前期売上高)×100-100

で増益率を求めます。

前期の売上高に対しどれだけ増えているか、

つまり前年比何%増になっているかを確認します。

まず、1年で20%伸びているか確認します。

上記参考企業で計算を行いますと、

今期予想が83,000【百万】で前年比ですと70,248【百万】になります。
したがって

( 83,000【百万円】÷ 70,248【百万円】)×100-100
=18.15%【増益率】

+18.15%が増収率となります。いい伸びをしています。

 

またさらに増収益が持続しているか

確認する方法が4年で売上高が2倍になっているかです。

 

4年前 売上高 21,252【百万円】

今年度 売上高 83,000【百万円】なので

 

約3.9倍になっています。

 

気になる銘柄の売上高は上昇しているか

確認する際の目安にしてください。

2. 営業利益率が10%以上になっているか?

次に確認するのは企業の稼ぐ力があるかどうかです。

実際に

 

企業が売上高から売上原価と

人件費・販売管理費を差し引いたもので

 

本業の儲けを表します。確認する方法は

営業利益率です。四季報等に乗っていませんので、

 

自分で計算する必要があります。

営業利益率 計算方法

営業利益率%=営業利益÷売上高×100

上記参考で計算すると
営業利益27,000【百万円】で売上高83,000【百万円】ですので

27000【百万円】÷83000【百万円】×100
=32.53%【営業利益率】

32.53%が営業利益率になります。

営業利益率は7%が企業の平均値ですので、

10%以上の営業利益率は優良と認識してよいでしょう。

3.オーナー経営であるか?


右肩上がりの企業に共通点があるところは、

オーナーが筆頭株主もしくはオーナーの持ち株会社であること。

 

【持ち株会社例、ウォーレンバフェットの経営するバークシャーハザウェイ】

なぜならトップの意見の反映修正や、増設等のレスポンスが早くなるためです。

 4.上場5年以内であるか?


新しい企業には将来性がある。

2007~2017のデータで10年前との比較で

10倍株になった銘柄のうち

上場5年未満61%

・オーナー経営80%という結果があります。

時価総額が100億円に未満の企業も6割はいっています。

 

時価総額で低いと上がる見込みが

大いにありますから、確認しましょう。

5.おススメ

これらはあくまで参考ですが、

探すうえではなかなか良い指標になると考えます。

 

上記でもお伝えしましたが、

また他にも増収増益したほうがよい。

 

他にもROE・ROAの指標等も

まだまだあります。

別の機会に投稿しようと思います。

何か不明点・気づき・気になった事がありましたら、
気軽に相談ください。

今回参考にした資料は↓

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方 [ 渡部 清二 ]

合わせて読みたい記事↓

DMM株


コメント

タイトルとURLをコピーしました